班長日記!

▼投稿記事を紹介しています!


個人でできる法武装

 

 

  メニュー一覧  

回覧制作用のエクセルファ...

自治会、町内会を脱退するには

自治会、町内会に加入するには

自治会の主な活動内容

自治会とは

組長は役員への近道?

27年度(2015) 自治会定...

引っ越すときに注意するこ...

引っ越すときに注意するこ...

他にも任務(任命)される...

年間の主な行事

カレンダーで見る活動日

地域防犯推進委員の任務

交通安全協会員の任務

体育協力員の任務

青少年育成委員の任務

環境推進委員の任務

班長の任務

総務の任務

組長の任務

3月22日(日) 最後の公園...

3月15日 最後の班長会議

3月14日 防犯パトロール

3月12日 役員会議

3月の活動内容

2月28日、世代間交流

2月5日 役員会

2月の活動内容

1月26日(月)、建設委員会...

民生委員も大変そうです・...

慰霊祭準備に借り出されて

1月の活動内容

1月11日、回覧の準備

建設委員会の連絡

12月28日、本年最後の仕分...

12月の活動内容

仕事や介護などで班長で着...

12月14日、仕分けの日です。

新しい班長、それが問題で...

12月7日、班長会議

                     

 

 

 

★ 記事詳細 ★

[タイトル]

自治会(町内会)って本当に必要?

[ID]

2

[登録日]

2014/06/02

[コメント]

自治会(町内会)が必要か、必要でないかといえば多くの人は必要と答えるでしょう。
なぜなら災害などが遭ったときの助け合いでは自治会が大きな役割を果たしてくれます。
それに回覧も回ってくるので行事や地域の情報、災害時の避難場所などを知ることができるのです。
年末年始にゴミ回収の休止を知らなくて時々、ゴミを出している人をみかけます。
結局、カラスがゴミをバラマキ散らかる事態になっていますね・・・。
恐らく自治会に入っていないことでゴミ出しの日がわからないことでこういうことになるのでしょう。

裏を返せば市がちゃんと市民に連絡していない結果です。
自治会を使って手間を省こうとするから取りこぼしが出るのでしょう。
結局は、その近所の人が掃除をする羽目になるので迷惑な話です。

自治会は法的には何の拘束もなく参加はあくまで任意です。
2005年4月26日に最高裁では、「自治会は強制加入団体ではなく、退会は自由である」と判示されました。

近所付き合いを考えると、周囲と上手くやっていきたいと思うのが人情でしょう。
だとすると加入するのがベストなのかもしれません。

しかし最近では行き過ぎた自治会のあり方が疑問視されています。
例えば、自治会費を収めなければゴミ集積所を使わせないトラブルが多く報告されています。
そのゴミ集積所が自治会の土地であればそういうこともいえるのかもしれません。
集積所の掃除当番も順番なのだから、掃除もしない世帯に対してそう言いたくもなるのでしょう。

一般廃棄物の収集・運搬および処分は、市町村に処理責任があり、市町村自らが行うのが原則であると定められています。(法6条、6条の2)
もし問題があるなら市町村に連絡して自宅前で回収してもらうという手もありますが都度、自宅前を掃除しなければならないことになります。
昔ほどゴミ回収車から臭い液体は垂れ流されることはありませんが、夏場は虫が集まりやすくなるので覚悟はしなければならないかもしれません。

自治体は加入すると嫌でも班長という当番が回ってきます。
この当番、健常者なら個人の事情に関係なく半ば強制に回ってきます。
仕事やこちらの都合は、お構いなしで平等の名のもと役割が決まってしまうのです。

仮に自治会に加入していないと、自治会主体の行事に参加した場合、例えば掃除のときや祭りなどでジュースやおやつを配ったりする際には貰えないことがあります。
折角、未加入者の子供が手伝ってくれたとしても自治会費を払っていないので文句は言えないのです。
また災害に遭ったときにも、一時的に自治会館を使わせてもらったりしますが非会員は貸してはもらえないでしょう。
配布物などでも不利益を被るのは仕方が無いことです。

なので自治会に入る入らないは、個人でよく考えてからにすることをお勧めします。

もし私が一人暮らしなら自治会活動の責任は果たせないので自治会へは参加しません。
しかし自治会が所有する街灯やパトロールなどの活動費は町の保全のためですから、寄付という形で支払いたいと思います。

これからの日本は少子高齢化で東京オリンピックを境に人口が激減します・・・。
移民を受けなければ国家が成り立たない事態が10~20年後に訪れ、国民の1/4、1/3が外国人となった時、家族世帯のものの考え方では自治会運営はいずれ行き詰るでしょう。
外国人のものの考え方は、"助け合"ではなく、"個"ですから。
その時、自治会は存在し続けることができるのでしょうか・・・?

行く末を見守りたいところです。
(2014-04-08 22:13 投稿分)

 

 


 

ex-mode.net | ツールEX | 素材EX | アフィモール | 初級者向 初めてのホームページ作り | Htmlタグ辞典 | 初めてのプランター菜園 | リンク・ボード
気のみ気のままなブログ | PHPを学ぼう! | CSSガイドEX | ホビ★コレ

▲UP

Copyright (C) ex-mode.net 2018. All Rights Reserved.